のんびりドライブで訪れる「日帰り別府」旅のススメ

最近、滞在型の別府旅行と並んで人気が高まっている、日帰りや1泊2日のちいさな別府旅。九州を代表する温泉郷は、短い日程で訪れるドライブの目的地としても楽しめることをご存知でしたか?福岡をはじめとした近隣県への旅行に組み込むもよし、他にも、別府を経由する九州縦断の旅というのも贅沢です。

2021年中盤には近場での旅行が中心の社会状況でしたが、九州域内でも少しずつ旅行エリアを広げる試みが始まっています。九州以外から訪れる人だけでなく、地元の方々にとっても、今がドライブ旅行のチャンスかもしれません。

今回はその一例として、福岡から別府までの日帰りドライブ旅をご紹介します。「福岡から」と聞くと、遠すぎるのでは?と思う方も多いかもしれません。ところが意外!途中パーキングエリアへの寄り道を楽しんでも、片道3時間かからず別府に到着します。なお、高速バスで福岡から別府まで向かう場合が3時間程度の道のりですので、レンタカーや自家用車でなら一層遊び心のある旅になること間違いなしです。

いざ出発!福岡から高速へ

当日は控えめな朝食を済ませ、別府に向かいます。
福岡の高速道路入り口は空港近くにあり、慣れない人には少しわかりづらいかもしれません。カーナビの活用がおすすめです。

朝の心地よいドライブ。最初に待つ楽しみは、パーキングエリアへの寄り道です。

福岡の街を離れて、車窓から見える景色が徐々に自然に包まれていく頃。「基山パーキングエリア」の看板が見えてきます。広々とした基山PAは、福岡から最も近い注目スポットとの一つです。

店内飲食スペースで地元の味を楽しむのもいいですが、午前中なら、車内や休憩スペースで小腹を満たせるスナックを購入するのがおすすめです。甘い物好きのあなたには、焼き立て梅ヶ枝餅にかぶりついてほしいもの!あるいは、福岡市民のソウルフード的存在「むっちゃん万十」の売店なら、定番のハムエッグをはじめとした惣菜系も選べます。こちらもぜひ温かいうちに召し上がれ。

お土産コーナーには、博多名物だけでなく宮崎や佐賀などの近隣地域の特産品が揃い、九州一帯の魅力を感じられます。さらに、便利なセブンイレブンやドトールコーヒー等の店舗もあるので、必要品があればここで揃えましょう。

PAでの買い物や軽食を楽しむこと約30分。再び別府へと車を走らせます。

1時間程走るうちに、景色ががらりと変わります。山に囲まれ、都会では味わえない癒しのドライブが続きます。

別府への入り口で絶品スイーツと景色を堪能

別府到着前に、もう一箇所寄り道。「別府湾サービスエリア」で小休止です。

別府湾SAでのおすすめは、「Sally Garden」のシフォンケーキです。大分自慢のスイーツ店で焼き上げたふわふわシフォンは、とろける舌触りと味わいが大人気で、午後には売り切れてしまうこともしばしば。大分県産素材を使ったフレーバーなど約10種類があります。(Sally Garden本店は、光吉インターから程近いロケーション。庭に面した寛ぎのカフェが併設されており、ケーキやランチセットがいただけます。)

また、このサービスエリアでは爽快な景色も楽しめます。別府湾を臨む眺望は、「恋人の聖地」や「日本夜景遺産」にも認定されていており、写真スポットとしてもおすすめ。ここから10〜15分進むと、別府インターです。

別府に到着~グルメも温泉も揃う癒しの街

市内ではまず、別府隠れ家カフェ「ここちカフェむすびの」でランチを楽しみましょう。むすびのが目指すのは、「食材の旨味そのものが主役の食べ物屋さん」。毎日新鮮食材を丁寧に調理し、ゲストが心と体を休められる食事やスイーツ、ドリンクを提供しています。

「ここちカフェむすびの」がある鉄輪(かんなわ)エリアは、別府市中心街から少し離れていますが、車で訪れるにはとても便利な場所です。温泉湧出量が日本最大の別府において、源泉の大半が集まる鉄輪地区。湯治場の面影を濃く残すレトロな町並みは、昔も今も変わらない別府の地域性を映し出します。温泉スポット散策も楽しめ、ドライブ旅ならぜひ訪れていただきたいエリアです。

例えば、同地区の鉄輪温泉(鉄輪むし湯)は、別府八湯の一つ。約8畳ほどの部屋の中に敷きつめられや薬草の香りに包まれる蒸し風呂が体験できます。

地獄めぐりに立ち寄り湯、市街地の散策を楽しんだら、帰路はサンセットドライブ。爽やかな朝のドライブとは一変、幻想的な夕日に包まれながら福岡へと走ります。別府〜福岡間の高速道路では、雄大な山脈を眺めることができ、秋なら紅葉、冬なら雪化粧した山など、四季折々の風景が楽しめます。

この日の帰り道は道路の流れもよく、1時間半程で福岡に帰りつきました。別府が福岡からこんなに近い 旅先だったとは驚きです。

福岡から別府への日帰りドライブ。旅の魅力を感じていただけたでしょうか?

費用は人数や経路(ガソリン代)によって異なりますが、往復の高速料金は7,440円ほどです。往復の高速バス料金が1人およそ6,500円ですので、2〜3人以上でのお出かけには、レンタカーや自家用車が一層お得に楽しめそうです。コロナ禍の中でのお出かけにも安心な手段なので、ぜひ次の旅の計画の選択肢にしてくださいね。

Comments are closed.

おすすめプラン

宿泊日 
泊数 
ご利用人数 
送迎サービス