別府の隠れた宝石「志高湖」で、高原の風を感じる

別府の市街地を少し離れると、濃い緑が鬱蒼と広がる山々と森林が続きます。環境省から阿蘇くじゅう国立公園として指定されている辺り一帯には、鶴見岳や由布岳を始め、湿地、渓谷、火山地帯など、大地の息吹を感じる雄大な光景が繰り広げられ、多くの人を魅了してきました。

 

そうしたなかにひっそりと佇むのが、今回紹介する「志高湖」。標高約600mの高原に位置し、青々と深く光を湛えた、美しい湖です。

 

由布岳と鶴見岳を望む緑豊かな憩いの湖

志高湖は別府郊外の緑豊かな高原にあり、周囲は建物も喧騒もないのどかで心洗われる自然の風景が視界いっぱいに広がっています。

 

家族やカップルでのんびり過ごせる憩いの場所でありながら、別府が誇る由布岳と鶴見岳を両方望める絶景スポットでもあり、別府市民には古くから愛されてきました。最近では、高原のさわやかな風と澄み渡るきれいな空気、ここだけに流れるゆったりとした時間の流れを求めて、志高湖を訪れる観光客も増えています。

 

志高湖のほとりを散策しながら四季折々の自然を楽しむ

志高湖のほとりにはきれいな遊歩道が整備されていて、散策にもってこい。高原特有のひんやりと心地よい雰囲気はもちろんのこと、四季折々に移ろう自然の美を楽しめるのも志高湖散策の魅力です。

 

春は湖畔に桜が咲き乱れ、辺りの空気を明るく染め上げます。桜並木になっているところもあり、桜の名所としてたくさんの人が訪れる季節です。夏は周囲の緑が生き生きと映え、小鳥たちのさえずりが軽やかに響き渡ります。麓より少し涼しい気温と爽快なそよ風は、避暑地そのものです。

 

秋は赤、オレンジ、淡黄、真紅といった色とりどりの紅葉がパッチワークのように広がり、訪れる人を魅了します。風に揺れるすすきの群生は、いかにも秋の風情です。

 

冬は立ち寄る人も減りひっそりとしていますが、穏やかな陽の光が透明な湖面できらきらと踊り、澄み切った空気が山々の稜線を縁取る、とても美しい季節。冬の志高湖で身も心もチャージしたら、そのまま別府温泉へ向かってゆっくりほっと温まるのもいいですね。

 

キャンプもボートも。家族で遊べるアクティビティ

志高湖には、家族で遊べるアクティビティもいっぱいあります。手漕ぎボートにスワンボート、レンタサイクルにバーベキューも。周囲はキャンプ場になっているので、家族みんなでキャンプだってできてしまいます。また、冬には期間限定(例年12月~3月)で釣りを楽しむことも可能です。

 

別府市街からのアクセスは意外なほど抜群

雄大な自然に囲まれた志高湖ですが、アクセスは意外にも簡単。別府ICからは自動車で約15分もすれば辿り着きます(県道11号経由)。別府駅からはバスで30分ほどです。半日あれば別府市街から往復してもたっぷり楽しめますので、別府旅行の際はぜひ訪れてみてくださいね。

 

志高湖で、もうひとつの別府に触れる

別府と言えば、やっぱり温泉。でも、それだけじゃないんです。どこかヨーロッパの高原すら彷彿とさせるような志高湖の情景は、きっと別府のイメージを良い意味で覆してくれるはず。志高湖で、今まで知らなかった別府の奥深さに触れてみるのはいかがでしょうか。

Comments are closed.

おすすめプラン

宿泊日 
泊数 
ご利用人数 
<